わくわくおといくコンサートとは

  

キッズ向けコンサート
トゥジュール アンサンブルによる「わくわくおといくコンサート」は以下の3つの要素を取り入れております。

・音育
・リトミック
・音楽療法

「音育」は音楽を通じて子どもの未来を豊かにし、「リトミック」はリズム感を養い、「音楽療法」は子どもたちの心理的な部分を感じ取り音楽を通じて対話します。

これらの3要素を約50分のわくわくおといくコンサートに集約しました。たった一度のコンサートが、子どもたちにとっては一生忘れられない50分間となるでしょう。

参考動画|フルート&バイオリン&ピアノ

音育とは

  

音育(おといく)とは、音楽を通じて「音楽」の知識と「良い音楽」を選択する力を得て、豊かな人生を送ることができる人間を育てることである。

リトミックとは

  

リトミックは19世紀の末から20世紀初頭にかけて、新教育運動の絶頂期にスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズによって創案された音楽教育メソードです。

リトミックは主に即興的に演奏される音楽に反応して、身体全体を動かすことによって、音楽を聴き取る力、リズム感や表現力などの音楽的能力を養います。それだけではなく、想像力、創造性、注意力、集中力、思考力、反射性、積極性、協調性など、幼児期に欠かせない感覚的成長をも引き出そうとするものです。

音楽教育といえば、楽譜のとおりに演奏したり、ダンスや遊戯ではあらかじめ決められた動きを記憶し、繰り返して同じ動きができるように練習します。しかしリトミック教育では、指導者の演奏する音楽を聴いて自分の判断で動きを決定し、音楽に反応して表現します。つまり自分自身で感じ取り、考え、行動するという人間にとって非常に大切な行動パターンのためのトレーニングを行うことになります。音楽を聴き取り、その変化に対して即座に反応すること(即時反応)を重視するので、集中力や反射性を養うことが可能で、感じ取ったことを即座に表現することで心と身体の調和的発達を育みます。

個性や能力の大半が形成される幼児期、人間育成の教育、すなわち人間教育をめざしているのがリトミック教育です。

音楽療法とは

  

音楽療法とは、「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、 生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすものとする。
〜日本音楽療法学会より〜


一言で「音楽療法」と言いますが、対象者、年齢、目的等により、形態は様々です。 歌を歌ったり、音楽と一緒にからだを動かしたり、楽器を演奏したりと、 お子さまそれぞれに合った音楽プログラムがあります。その音楽プログラムには、ひとつひとつ目的があります。例えば、下記等です。

・歌唱活動による、発語の促進
・楽器を演奏することによる、運動機能の発達の促進
・目的を達成することによる、目的に向かうモチベーションの向上の促進

楽しい音楽活動の中で様々な体験をし、お子さまの可能性を引き出します。達成や時には失敗を乗り越え、お子さま自身の生きる力を培うのです。また、音楽には不思議な力があります。落ち込んだ気持ちを癒してくれる事も多々あります。
古代ローマで、音楽を心の治療薬として使用していたように、 音楽には人の心を癒す効果があるのです。

運営団体

 

音育キッズコンサート日本幼児音楽教育学会では音楽による教育「音育(おといく)」を日々研究しております。
人間が母親の胎内で初めに発達するのは「耳」。子どもたちの大切な耳にはどのような音楽が必要なのか。子どもの成長にはどのような響きが大切なのか。
そんな音育の考え方を取り入れた「わくわくおといくコンサート」を全国の子どもたちにお届けしております。バイオリン、チェロ、フルート、うた、ピアノなどの音色をぜひお楽しみ下さい。

代表
中村 萌

業務内容
コンサート企画・演奏者派遣 音楽教室講師派遣 園歌の作曲、アレンジ、CD作成

住所
東京都練馬区豊玉北5-18-9-504
Toyotamakita5-18-9-504, Nerima, Nerima-ku, Tokyo, Japan

PH:03-6337-2879

日本幼児音楽教育学会 公式サイト
http://www.childmusic-education.jp